外壁塗装のトラブル事例

外壁塗装をするときにはトラブルに注意しましょう。

外壁塗装で変わることとは

外壁塗装のトラブル事例

外壁塗装の補修を行う際には、さまざまなトラブルが発生します。

塗装というのは素人にはわかりにくい分野ですし、足場や養生等が必要となるため、予想以上に費用がかかります。

費用をかけたうえで、納得のいかないものになるとトラブルが生じても仕方がありません。

例えば、外壁にだけ高級塗料を用いた場合に、木部や鉄部だけが先に傷んでしまうことがあります。

家全体としてバランスのとれた耐用年数にするためには、全体にわたって塗料の質を考える必要があります。

また、重ね塗りをしていない場合や、重ね塗りをしていても塗料自体を薄めている場合には、ひび、カビ、汚れが再発してしまうおそれがあります。

通常、外壁塗装の塗り替えの場合には、下塗り、中塗り、上塗りの3回の重ね塗りをします。

また、塗料は通常でも薄めて使用しますが、業者が必要以上に薄め過ぎてもわかりません。

業者の行動を逐一チェックしておけばいいのでしょうが、そうもいきませんから、信用できる業者を選ばなければなりません。

その他、下地調整がいい加減だったために、すぐに塗膜がはがれてしまうこともあります。

このようなトラブルを防ぐためには、依頼する側もある程度依頼の内容について勉強しておかなければなりません。

外壁塗装で変わることとは Copyright (C) www.mochadoos.com. All Rights Reserved.